shusayの日々の日記のぶろーぐ

㈱shusayブログ部の部長の吉岡で~す。ゲーム配信、旅行、グルメなど色々アップします。わが社のモットー「楽しく生きましょう♪」

いまさらながら伝説の一日ダウンタウンの漫才を語ってみる

凄かったの一言しかないダウンタウンの漫才。

 

10回くらい見て、散歩中20回くらい聞いた。

 

凄い。とにかくすごい。

 

あれが台本なしの打合せなしってのが本当にすごい。

 

神技でありレジェンドでありカリスマ。

 

何がすごいって普通売れてる漫才コンビは、いくつかの鉄板ネタがあって

 

それをその日の舞台の客の反応や前後の漫才のネタを見て、「今日はこのネタにしよう」って漫才をする。ってテレビで言ってる。

 

中川家NONSTYLEも。

 

つまり中川家NONSTYLEもある種「アドリブで」漫才をしてることになる。

 

でも基本のネタはあって、その中でアドリブを入れている。

 

それだって本当にすごいことだと思う。

 

それをネタを無しで30分間、その場で客の反応を感じながら「次コレ」「次コレ」ってアドリブで進めていって、しかも全部爆笑ってすごすぎる。

 

瞬間瞬間の客の反応や相方の反応に合わせてアドリブ進めているってこと。

 

こんなことはダウンタウンにしか無理。

 

松本がいつも「ガキの使いのフリートークの方が面白かったりするし」って言ってたのは、このことか・・・と思った。

 

しかもフリートークっていうより、ちゃんと漫才としてなりったっているし。

 

しかも全部大爆笑だし。

 

松本もすごいけど、瞬間瞬間で返せる浜田もホンマにすごい。

 

途中で「お前が何にも打合せもしてくれへんかったから」ってのも

 

それ言う?って感じでめっちゃおもしろい。言い方も面白い。

 

松本の「今の面白かった?」で浜田の「全然」もめっちゃおもしろい。

 

舞台で二人でネタを作りながら、進めてるみたいな。

 

普通のネタをきちんと作って笑わせるのもすごいけど、結局「生」にはかなわない。

 

すべらない話じゃないけど、いつもどこでも受けるネタじゃなくて、その時にその瞬間に受けるネタをするってのが本当にすごい。

 

まさにレジェンドでありカリスマ。

 

本当に良い物を見せていただきました。

 

チケットは、1次も2次もすべて外れたので、ネットでみました。

 

生で見たかった・・・

 

#ダウンタウン#伝説の一日#漫才

 

【スポンサーリンク】